ゴルフアカデミーへゴルフ留学【ゴルフレッスン】

マイクスミス・ゴルフスクール

 ☆ゴルフレッスンはアメリカで10本の指に入ると言われるマイクスミス主宰のゴルフアカデミーがベストです、あなたもゴルフアカデミーへゴルフ留学し、長年のゴルフの悩みを解消しませんか?


 ☆新しいシングルプレーヤーの誕生です。。。
女子大生Aさんは95〜100くらいでプレーされていたそうですが、もう少し上手くなりたいと、日本人インストラクターもいてアメリカでもトップクラスのティーチングプロ・マイクスミス氏のところへゴルフ留学に来られました。

 Aさんは全てのクラブで飛距離を伸ばされ、ドライバーで40ヤード、FWで30ヤード、アイアンで各番手10ヤード伸びたそうです。 それにマサさんの方で毎日ラウンドレッスンをやられたので、シングルプレーヤーの誕生となりました。
 マサさんのお話では「ラウンドは全てブルーティー (バックティー) からやって頂きましたが、素晴らしいの一言です。」との事でした。 若い男性と同じバックティーからですから、凄いの一言ですよね。



 先ずはコンピューターを使ってスイングの基本をレッスンされていきましたが、特に手打ちだったのを、しっかりとバンプしてから腰を切る打ち方のレッスンが続けられていきました。



 この日もバンプのコツや腰の回し方のコツ等々を続けてレッスンされていきましたが、時々ハイスピードカメラで撮って御本人にも確認して頂きながらのレッスンで、しっかりとコツをつかまれた御様子でした。



 バンカーが超苦手と言われていたので、本日はバンカーショットのレッスンが行われましたが、右端の写真でお解り頂ける様に、こんな難しいところからでも一発で脱出しておられたのが、大変印象的でした。
 昨日のラウンドレッスン時にバンカーショットで苦労しておられたので、実はマサさんの方でラウンド後にバンカーショットの予習という事で昨日やっておられたので、余計に今日のレッスンではスムースに出来たのだと思います。



 コアマッスルが弱いA様に、コアマッスルの鍛え方の指導があり、その後スイングのレッスンが続けられていきました。 マイクさんのレッスンの後はマサさんが付きっきりでレッスンを続けられ、スイングはグングン良くなっていったそうです。



 最終日のスイング様子ですが、しっかりと肩の回ったテークバック、その後しっかりとバンプしていき、インパクトでは左股関節の上で上半身が回り、頭は不動、インパクト直後にしっかりと伸びた両腕、しっかりと真っ直ぐに立ったフィニッシュ、大変素晴らしいスイングになっているのが、ご理解して頂けると思います。



 Aさんが来られた時に「四週間あれば必ずシングルにしてあげますが、三週間ですから〜。。。  ギリギリシングルまでいけるかな? シングルにしてあげます。」とマサさんが言われたそうですが、Aさんは本当にシングルになられました

 もちろんシングルになられたのは御本人の努力ですが、しかし、三週間や四週間でシングルプレーヤーにしてあげれるゴルフアカデミーはここしかないと思いますね、凄いです。 それに、シングルにしてあげますと言ってシングルにしたマサさんも、良くハッキリと言えましたよね、とにかく凄いです。

 マサさんのお話では「ラウンドレッスンでは素直に私の言う事を聞いて頂き攻め方を覚えて頂きましたし、練習もしっかりとやられたのですから、シングルは当然の結果ですね」という事でした。

 パッティングについてマサさんに聞きましたら「パッティングは私の方で毎日の様にチェックしていますので、マイクさんのレッスンはやらなかった。  最後の方ではAさんのパッティングは30パットくらいになりました。」との事でした。


ページトップへ